kuro6!発信します!

発信します!と言ったものの、まったりと色んな事を書いていくブログです。

ボルダリングジムデビュー!・・・その前に!(何が必要?どんなジムがオススメ?等。)

f:id:kuro6kuro6:20170710194914j:plain

どうも!kuro6です。

 

今回はこれからボルダリングを始めようと思っている人に何が必要か等をお伝えしたいと思います。

 

ボルダリングって何?って方はこちらを読んでみて下さい。

www.kuro6.com

 

必要な物。

運動出来る格好+靴下で大丈夫です。

滑り止めで使うチョークで汚れやすいので着替えは有った方が良いと思います。

多少汚れても街中歩くのが気にならないとか車などでそのまま帰宅出来る場合は着替えも無くても良いかもしれません。(汗かく人は着替えは有った方が良いです。)

チョークは洗濯すれば落ちるので、その日だけの話です。

 

シューズはレンタルのを使う事になるはずですので、靴下は忘れないようにして下さい。夏は裸足でサンダルで、靴下無い!って話はよく聞きますのでご注意を!

 

どんなジムがオススメか?

これは初めての人に限らずですが、私はボルダリングは継続して通う事になるスポーツだと思っていますので、通いやすいジムがオススメです。

今はたくさんのクライミングジムが出来ています。自宅近くか学校、職場近く等、探せばお近くにクライミングジムがきっと有るはずですので、そちらをオススメします。

 

もし経験者に誘われているならその人の判断に任せましょう。

 

一人、もしくは初心者だけで行く場合、通いやすいところに複数のジムが有る事もあります。その場合、私は規模の小さなジムをオススメします。

 

大きなジム

f:id:kuro6kuro6:20170710194254j:plain

(※あえて画質を落としています。)

 

大きなジムは・・・

クライミング界では有名な選手がスタッフをしてたり、

クライミング界では有名な選手が普通に客として登ってたり、

有名選手や有名セッターが作った課題が充実してたり、

良いホールドをガンガン使ってたりして、

ラインセットで壁がスッキリしてたりします。

 

ボルダリングをやってる者としてはいつ行っても興奮するジムです!

 

 

では、これからボルダリングしようと思っているあなたは、有名な選手何人知ってますか?ホールドメーカの何社かわかりますか?ラインセット、まぶしとか意味わかりますか?

 

大きなジムはボルダリングをやってる人からしたらテンション上がる要素多いですが、初心者にオススメする要素は特にないと私は思います。

 

むしろ、初心者にはオススメしない点の方が多いとも思います。

基本的に受付以降の接客は有りません。登りに悩んだ時は自分達で解決するか周りのお客さんに教えてもらうしか無いと思います。(教えてもらえたらかなりラッキーです。)

ネームバリューが有る分、登る場所が広いとはいえ混んでいる事が多いです。混んでいると初心者の場合、壁に取り付いて良いタイミングがよくわからず、登りたいのに登れないといった事態になる事が有ります。

 

経験者と一緒に行くなら、オススメしない点をカバーしてもらえると思うので、問題無いです。

 

小さいジム

f:id:kuro6kuro6:20170710194358j:plain

では、オススメする小さなジムはどうかと言いますと・・・

受付後、スタッフによるスタート講習みたいなのをやってくれるジムが多いです。スタート講習ではボルダリングのルール説明、安全面の注意説明などを行ってくれます。(大きなジムではDVDで説明動画を見させられて、あとは好きに登って下さい。みたいな感じです。)

ルールも注意説明もそんなに難しい話では無いので動画の方がすぐに登り出せるとは思いますが、講習として教えてもらう事でスタッフさんとちょっと顔見知りになれます。そうなると登りに悩んだ時にそのスタッフさんに教えて!と言いやすくなります。また、小さなジムではスタッフさんがフロアにいて常連さんと一緒に登ったりしてますので、その時に教えてもらえたりします。

小さいジムは大きなジムよりは空いてる事が多いです。

また何度か通った時にスタッフや常連さんと仲良くなりやすいのもメリットです。

 

事前の身体作り。

未経験者には、ボルダリングは身体が仕上がっていないと出来ないと誤解している方がいるように思えます。

筋肉に自信が無い方。

「筋トレして鍛えたらボルダリングデビューします」といった言葉をよく聞きます。

筋トレには終わりが無い上、ボルダリングに必要な筋トレは非常に難しいです。また初心者レベルではそこまで筋力は不要です。

ボルダリングに興味が有るなら、まずはクライミングジムに行って登りましょう!

 

体重が重くて・・・な方。

「痩せたらボルダリングデビューします」といった言葉をよく聞きます。

私の経験上、ボルダリングデビューした人に、体重の事を聞いたらほとんどの人が「自分の体重がこんなに重いとは思いませんでした。」と言った内容の発言をします。

今までボルダリングをした事ない人が、例え5kg痩せてからボルダリングデビューしてもやっぱり同じような事を言うと思います。

ダイエットもボルダリングも興味が有るのならば、まずはボルダリングデビューをして、重さを実感した上で5kg痩せてから自分の軽さを体感してはいかがでしょうか?

 

はしご 

とはいえ、極端に力が無い方や体重の重い方は登れないのも事実です。

f:id:kuro6kuro6:20170710195652j:plain

目安としてははしごでロフトに上がれない方は筋トレ&ダイエットを頑張ってからボルダリングデビューしましょう!

はしごでロフトに上がれる自信の有る方はボルダリングをする為の身体は仕上がっていますので、大丈夫です!

 

参考記事(2017/10/11追記)

先日、一緒に登りに行った、ちひちひろ(id:chihiro_dayori)さんがボルダリングの感想記事を書いてくれたのでご紹介します。

www.1nichi1ppo.com

普段、フィットネスジムで体を鍛えてるだけあって、ボルダリング2回目とは思えないぐらい登れていました。

そんな、ちひちひろさんでもやっぱり「体が重い」と言っていたので、ボルダリングに興味ある方は体の仕上がりとか気にせずデビューしちゃって下さい!

終わりに。

ボルダリングは未経験者が思うよりかなり敷居の低い遊び&競技です。興味が有る方はとりあえずやってみて下さい!

 

今回の記事がボルダリングデビューしてみようかと考えている人の参考&後押しになれば良いなぁと思っています。

 

こちらで紹介している漫画を読んでもボルダリングの魅力を知る事が出来るのでオススメです!

www.kuro6.com

 

それでは!