kuro6!発信します!

発信します!と言ったものの、まったりと色んな事を書いていくブログです。

スポンサーLink

ゾンビ動画注意!プチプチで有名な岡山トヨペットは今年もインパクトのある動画を公開!

f:id:kuro6kuro6:20180407134456j:plain

どうも!kuro6です。

2018/04/06より平成30年春の全国交通安全運動・・・通称”春の交通安全週間”が始まりました。

昨年の春の交通安全週間では岡山トヨペットさんが公開した動画が話題になっていました。今年も「Dancer in the Seat(ゾンビ風眠気覚まし体操)」という、なかなかインパクトのある動画を公開していたのでご紹介します!

春の交通安全週間

正式名称「平成30年春の全国交通安全運動」

内閣府のサイトにも掲げられている交通事故の軽減を目的とした運動です。

平成30年春の全国交通安全運動推進要綱 - 内閣府

期間

2018/04/06(金)〜15(日)

週間と銘打っていますが、運動期間は実は10日間なんですね。

 

ちなみに04/10(火)は交通事故死ゼロを目指す日となっています。

毎日ゼロが理想では有りますが、いきなりは難しいのでまずは1日だけでもという事なんだと思います。

運動内容

運動期間では警察はじめとした各団体が交通事故を減らすために様々な運動を行います。

岡山トヨペット

その中で、岡山のトヨタ系ディーラーである岡山トヨペットさんの危険啓発動画が昨年話題となりました。

私もyahoo!ニュースで見かけたニュースを記事にしたりしました。

www.kuro6.com

この時に話題となった動画がこちら。

 

Dancer in the Seat

そんな岡山トヨペットさんは今年もインパクトのある動画を春の交通安全週間に合わせて公開してきました。

その動画がこちら。

 

要約すると・・・

 

渋滞が多い岡山。渋滞中は眠気、睡魔に襲われやすいです。

作中では睡魔は「ゾンビ」として描かれています。

睡魔に襲われた時は・・・ゾンビ体操をして睡魔を飛ばしましょう!

 

といった内容ですね。

 

今年もなかなかのインパクトでは有りますが、昨年の動画に比べるとちょっとインパクトは落ちたかなー?

 

動画の中では岡山は特に渋滞が多いようにテロップが出ますが、通勤時間帯に車を使っている人は岡山県人に限らずほとんどそう思っているような気がします。

渋滞の避けようのない180号とかが辛いのはわかりますが・・・

と言う事で全国のドライバーさんが活用出来ます! 

 

ですが・・・個人的には肝心の体操がちょっと不満。

こちらが体操解説動画です。

監修:岡浩一朗氏(早稲田大学スポーツ科学学術院教授)

振り付け:振付稼業air:man

と体操は子供にも人気出そうですし、大学教授監修という事で、ツボ押しなどにより眠気飛ばし効果も高さそうです。

ただ・・・一旦どこかに車を停めてから行う体操となっています。

渋滞中、眠気に襲われつつも目的地を目指したくて車を停めて体操する余裕が無いから居眠りなどの交通事故が起こっているはずです。

体操する余裕有るなら眠気を飛ばす方法は最強の仮眠を含め、他にも色々有りますからね。

走行中は難しいにしても、信号や渋滞でちょっと停車している時に軽く出来る眠気飛ばし体操が欲しいですね。各種ツボ押しをおさえた渋滞中にも出来るショート版の体操とか有るといいですね!

 

キャンペーン

動画公開に合わせてゾンビ体操を踊った動画をyoutubeに投稿するキャンペーンも開催されています。

f:id:kuro6kuro6:20180407131534j:plain

私はダンスとか苦手なので投稿する事は無いと思いますが、ダンスが好きな人とかは応募してみてはいかがでしょうか?

 

応募サイトはこちら。

www.oktp.jp

賞品

1位:カタログギフト5万円分

2位:カタログギフト3万円分

3位:カタログギフト1万円分

応募方法

  1. 動画を撮影する
  2. Youtubeに動画アップする
  3. メールで応募(名前、連絡先、メアド、YouTube動画URLを記載)
  4. 送信で応募完了

応募アドレス:drivertaisou@gmail.com

応募期間

2018/04/06(金)~2018/05/31(木)

審査のポイント

  • キレ
  • 表情
  • アレンジ度

オリジナル衣装大歓迎!

 

おわりに。

小さい子供がやってたら可愛くなりそうな振り付けですね!このキャンペーンでどんな踊ってみた動画がアップされるか楽しみです!

 

そして、この動画を撮影する為に車移動している途中に事故ってしまうような本末転倒なニュースを聞かないことを祈ってます。

 

それでは!