kuro6!発信します!

発信します!と言ったものの、まったりと色んな事を書いていくブログです。

スポンサーLink

【ネタバレ無し】「リメンバーミー&アナと雪の女王/家族の思い出」吹替声優含め素晴らしかった!

リメンバーミー ネタバレ無し 感想 レビュー アナ雪

オラー!kuro6です!

本日(2018/03/16)に公開された「リメンバーミー」そして同時上映の「アナと雪の女王/家族の思い出」を観てきました!

今回はネタバレ無しの映画感想です。ネタバレ有りは別記事で投稿しました。

※ただし全体を通してどういった話なのかは触れて有ります。そういうのも含めてネタバレだと思う人は注意して下さい。

まず点数評価・・・10点満点で・・・

 

10点

めちゃくちゃ良かった!そして泣けた!老若男女楽しめる素敵な映画でした!

アナ雪は8点かな。こちらも短いながらウルっときました!

PIXAR(ピクサー)

「リメンバーミー」はCGアニメスタジオのピクサー最新作です。ピクサーは人気作を多く産み出しているハリウッドのアニメーションスタジオです。私が鑑賞した事の有るピクサー作品を面白かった順位並べると・・・

  1. バグズライフ
  2. ウォーリー
  3. モンスターズ・インク
  4. レミーのおいしいレストラン
  5. トイ・ストーリー3
  6. トイ・ストーリー
  7. トイ・ストーリー2
  8. ファインディング・ニモ

バグズライフは私の初めて観たPIXAR作品でしたが、話の内容、映像の綺麗さなどクオリティの高さに衝撃を受けました。TSUTAYAでレンタルをしたのですが、すぐにDVDを購入した数少ない作品です。

私が観ていない作品でも、「カーズ」シリーズ、「カールじいさんの空飛ぶ家」、「Mr.インクレディブル」など人気のピクサー作品は多くあります。

 

どの作品も子供から大人まで楽しめる作品ばかりですので・・・

最新作「リメンバーミー」も期待が出来ます!

見た感想

f:id:kuro6kuro6:20180316135334j:plain

画像引用:「リメンバーミー」公式サイト

主人公ミゲルが死者の国に迷い込み、知り合ったガイコツヘクターと協力して元の世界に帰る為に奮闘するストーリーです。

 

死者の国は日本人のイメージする死後の世界と少し違います。この死者の国には元の世界に戻ったりそこに居続ける為のルールが有りますが、それも徐々に説明してくれてわかりやすいです。

 

映像表現も素晴らしくCGアニメーションで美しく映像を魅せるところも有れば、洞窟の水の描写などはかなりリアルに描かれているところも有り、さすがピクサーという映像の綺麗さです!

綺麗な映像に加え派手なアクション、そして音楽と飽きない展開の連続です。

そして最後は・・・ドラマや映画を観てもあまり泣かない私がラストは泣きました! 

死者の日

f:id:kuro6kuro6:20180316130657j:plain

実際にメキシコで行われる祝祭ですが、日本で言うとお盆にあたりますが全然雰囲気が違いますね!陽気なメキシコ人らしくマリーゴールドのオレンジ色に染まる陽気なお祭りとなっています。

自分が死んだ時、日本のお盆よりもメキシコの死者の日の方が帰りたくなりますね!

 

この映画は物語の中で、「死者の日」という風習を大切にしましょうというメッセージも有るので「日本のお盆も似た風習だから大切だよ」とお子様に再認識させる効果も期待出来ると思います。

 

なんとなくですが・・・

 

昔ハマったゲーム「リトルビックプラネット」を思い出しました!

死者の国

リメンバーミー 死者の国

画像引用:「リメンバーミー」公式サイト

言葉だけだと怖い感じですが、死者の日と同じカラフルで陽気に描かれています。

初めてガイコツが登場したシーンは少し怖めに描かれますが、その後の登場人物はほぼガイコツですが、怖さはほぼ無いのでお子様でも安心して観れると思います。

声優

リメンバーミー 死者の国

画像引用:「リメンバーミー」公式サイト

この映画は基本はファミリー向け映画となっている為、上映はほぼ吹き替えです。字幕上映は少なくて・・・私も字幕で観たかったのですが、行けるところは吹替しかなかったので諦めて吹替で観ました。

気になるのは主人公ミゲル役の「石橋陽彩」さんという歌の上手い中学生。おそらく声優経験は無し。大手で有るエイベックスに所属しているという事から売り出したい新人のゴリ押しか・・・?

 

と心配していたのですが、全然大丈夫でした!

 

演じてたミゲルと歳も近いことも有ってか違和感はほぼ無し!他のキャラクターも変に感じるキャラクターはいませんでした。

吹替によるノイズはほぼ感じる事無く楽しめる映画でした!

 

なぜかヘクターだけは平田広明ボイスに置き換えられたのですが、これは私の問題かな。

藤木直人さんも素晴らしい演技でした! 藤木直人さんだけじゃ無く松雪泰子さんも本人のお姿では無くしっかりそれぞれのキャラクターの印象です。

 

他の映画との比較

つい最近「さよならの朝に約束の花束を(さよ朝)」という映画を観てこちらも非常に良い映画でした。同じ家族をテーマとしている映画では有りますが、切り口が全然違い私の涙腺には「リメンバーミー」の方がグッときました。

涙腺刺激は好みも有るので、「リメンバーミー」の方が泣ける映画とは言いませんが、「リメンバーミー」の良いところは子供でも楽しめるという点です。

「さよ朝」は確かに良い映画なんですが、話の流れを掴んでいないと楽しめないストーリーですが、子供には少しわかりにくくなっています。映像の綺麗さも・・・表現が難しいのですが、優しい綺麗さなので子供にはすごさが伝わりにくい気がします。

それに対して、「リメンバーミー」は基本のストーリーは凄くシンプルな上、楽しく綺麗な画面で終盤はアクションシーンも多く、

話がわかっていなくても映像を観てるだけで楽しめる。

なのに泣ける

という素晴らしい映画です。

泣き所

どちらの映画もラストの泣かせ方は途中で想像がつきます。それでもそこへの持っていき方が素晴らしく上手です!

 

不満点。

あえて言えば犬のダンテですね。狙いとしてはキモ可愛いキャラだとは思うんですが・・・私的には若干キモいが勝っちゃってます。そんな気持ちで観てますので中盤の好き勝手動く様はあまりこころよくは有りませんでした。

アナ雪 

大ヒット映画「アナと雪の女王」の続きとなる20分のショートムービー。

映画に登場したキャラが再登場し、楽しいクリスマスを過ごしました!的なお話かと思いきや笑いも有り、トラブルも起こり、しっかりと泣かせにくるストーリーでした!もちろんミュージカルも有ります!

 

アナ雪の魅力をギュッと凝縮してアナ雪が好きなら満足出来る一本になっていると思います。

映画を観てるのは大前提な話では有りますので観ていない人は観てから劇場へ!

 

唯一残念なのはクリスマス全開なお話というところですね。アメリカだと年末公開だったのかな?クリスマス頃観たら気持ちがもっと入った気がしますね!

 

あと、このムービーを観て、アナ雪の舞台を初めて知りました(笑)

 

おわりに。

リメンバーミー 形見のギター ミゲル

画像引用:「リメンバーミー」公式サイト

リメンバーミーとアナ雪を合わせると約2時間20分という比較的長めの上映となりますが、どちらも見応えがあってそこまでの長さを感じませんでした。

思わず口ずさむテーマソング、怖くない死者の国、カラフルな映像、わかりやすい話で子供でも楽しめ、泣きどころは完全に大人向けという老若男女が楽しめます!

お子様がいるご家族はもちろん、大人だけでも十分に楽しめる映画ですよ!

とりあえず私の観たピクサー映画ランキングでは一位を更新です!!

 

ちなみにスタッフロール後はストーリーの余韻を感じる演出が有りますが・・・完全に大人向けでした。

 

それでは!

 

近いうち、ネタバレ気にしない感想を投稿予定です。

→投稿しました!

 

作品紹介

公式サイト:リメンバーミー

あらすじ

主人公は、ミュージシャンを夢見る、ギターの天才少年ミゲル。

しかし、厳格な《家族の掟》によって、ギターを弾くどころか音楽を聴くことすら禁じられていた…。

ある日、ミゲルは古い家族写真をきっかけに、自分のひいひいおじいちゃんが伝説のミュージシャン、デラクルスではないかと推測。

 

彼のお墓に忍び込み美しいギターを手にした、その瞬間──

先祖たちが暮らす“死者の国”に迷い込んでしまった!

 

そこは、夢のように美しく、

ガイコツたちが楽しく暮らすテーマパークのような世界。

 

しかし、日の出までに元の世界に帰らないと、

ミゲルの体は消え、永遠に家族と会えなくなってしまう…。

唯一の頼りは、家族に会いたいと願う、

陽気だけど孤独なガイコツのヘクター。

だが、彼にも

「生きている家族に忘れられると、死者の国からも存在が消える」

という運命が待ち受けていた…。

 

絶体絶命のふたりと家族をつなぐ唯一の鍵は、

 

ミゲルが大好きな曲、“リメンバー・ミー”。

 

不思議な力を秘めたこの曲が、時を超えていま奇跡を巻き起こす!

引用:「リメンバーミー」公式サイト

主なスタッフ

監督 リー・アンクリッチ
共同監督 エイドリアン・モリーナ
製作 ダーラ・K・アンダーソン
製作総指揮 ジョン・ラセター
音楽 マイケル・ジアッキーノ
歌曲 ロバート&クリステン・アンダーソン・ロペス

引用:「リメンバーミー」公式サイト

声優

キャラクター CV メモ
ミゲル 石橋陽彩 主人公の少年
へクター 藤木直人 ミゲルの冒険の相棒
デラクルス 橋本さとし 伝説のミュージシャン
イメルダ 松雪泰子 ひいひいおばあちゃん

引用:「リメンバーミー」公式サイト ※メモ欄は私が記入

主題歌

「リメンバー・ミー」

(シシド・カフカfeat.東京スカパラダイスオーケストラ)

歌詞

リメンバー・ミー お別れだけど

リメンバー・ミー 忘れないで

たとえ離れても心ひとつ

おまえを想い 唄うこの歌

リメンバー・ミー 会えない時も

リメンバー・ミー 愛に支えられ

いつまでも見守り包み込む

また抱きしめるまで

リメンバー・ミー

引用:下記公式MV(youtube)字幕より

公式MV(youtube)