kuro6!発信します!

発信します!と言ったものの、まったりと色んな事を書いていくブログです。

スポンサーLink

本が耳で聴ける!オーディオブックFeBeで「君の膵臓をたべたい」を聞いてみました!

f:id:kuro6kuro6:20171230023611j:plain

オーディオブックというのをご存知でしょうか?私はあまり知らなかったのですが、オーディオブック最大手「FeBe(フィービー)」さんにサンプルを頂いて体験させて頂きました。

 

※現在は「audiobook.jp」に名前が変わりました。

日本最大級!オーディオブックなら - audiobook.jp

 

今回はその感想をお伝えさせて頂きます。

オーディオブック

FeBeさんのサイトには「オーディオブック」についてこう記載されています。

オーディオブックとは、書籍をプロのナレーターが読み上げて音声化した、「耳で聴く本」です。

引用:FeBe公式サイト

最初見た時は、AmazonKindleの読み上げ機能に似ているのかな?と思いました。よくよく調べて見るとAmazonにもAudible (オーディブル)というオーディオブックサービスが有るのを知りました。それぐらいオーディオブックというサービスについて知りませんでした。

そんな私ですが、今回Febe(フィービー)さんのご厚意によって作品を聴く体験をさせて頂く事ができましたので、体験した感想をお伝えさせて頂きます。

作品。

聞かせてもらったのは「君の膵臓をたべたい」

2016年「本屋大賞」2位をはじめ数々の賞を受賞し2017年夏には発行部数200万部を突破。2017年には実写映画化され、2018年にはアニメ映画化も決定しているそうです。

そんな人気作品ですが・・・私は・・・本:未読。映画:未鑑賞。といった状態です。

ナレーター

読み上げるのは主人公の男子高校生を鈴村健一さん、ヒロイン山内桜良を堀江由衣さんが担当します。

がっつりのアニメ声優さんです。しっとり朗読するのでは無く、演技もがっつりアニメ演技です。

アニメ感

演技だけでなく、ヒロインの女の子が余命僅かという重い状況に関わらず、あっけらかんとして明るいというちょっと常識外れなとこ、どう見ても非リア男子の主人公がクラスで人気者女子と仲良くなっていくところなども有って・・・深夜アニメ(もしくはラノベ)感、満載です。

桜良さんが「何でもは知らないわよ。知ってることだけ」と言ってくれるんじゃないかと期待しちゃう感じです(笑)

私はラノベ原作深夜アニメは普通に好きなので、問題無く受け入れましたが、アニメ苦手な人にはちょっと違和感を感じてしまうかもしれません。

小説との違い。

試し読み出来るサイトで原作小説と比べて見ましたがほぼ忠実に読み上げてくれます。読み上げ以外にもBGM、ドアを開けるなどの効果音、「アハハと笑った」と読み上げるところでは桜良の笑い声、など・・・原作小説よりも臨場感が出る演出も有ります。

また文字では誰が話しているかわかりにくい発言も担当の声優さんが言ってくれるのでわかりやすいです。

最後まで比べた訳では有りませんが、アニメ感が気にならなければ小説よりも良いと感じました。

他の作品

FeBeではビジネス書や自己啓発本など小説以外の書籍も有ります。

「君の膵臓をたべたい」では複数の声優さんによる読み上げでしたが、書籍によっては1人のナレーターが朗読する書籍も有ります。

小説でも1人が担当しているのも有り、それが有名声優や俳優の書籍も有ります。

語学系の書籍は発音確認に良さそうですね。

 

FeBeについて

FeBeのオーディオブックは全てMP3で配信されます。ですのでMP3が再生出来る環境であれば、PCでもスマホでもウォークマンのような再生機でも再生出来ます。またCDでしか聴けない人にはオーディオCDで送ってもらうサービスも有ります。

つまり音楽が聴ける環境ならどこでも本が聴けるサービスなんです。

専用アプリ

でも専用アプリだと本の管理や倍速、見出し再生や付箋付け、再生も出来てかなり便利になっているみたいです。

オーディオブック - FeBe
オーディオブック - FeBe
開発元:OTOBANK Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

メリット&デメリット

思い付くメリットデメリットをあげてみます。

  • 電車、車の運転などの通勤で本が聴ける
  • 洗い物や掃除などの家事中でも本が聴ける
  • お布団の中で寝転びながらでも本が聴ける
  • BGM,効果音などで小説よりも臨場感がある
  • 好きな声色のナレーターだと声に萌えれる
  • 再生速度を自分に合った速さに変更出来る
  • 気になるところを聞き直すのが大変。
  • 聞きたい本のナレーターの声色が苦手ならアウト

お値段。

基本的には単品で購入する場合はほぼ本の定価と同じような価格となっています。

ゴールド会員、プレミアム会員の有料会員になると本が買えるチケットがもらえたりもします。

また「1日限定で半額セール」などの色々とセールもやっているようです。

f:id:kuro6kuro6:20171230075129j:plain

興味ある方は、とりあえず無料会員になってFeBeサイトでセール情報の確認や気になる書籍の視聴などをすると良いかと思います。

本は“耳で”聴く時代へ!オーディオブックのFeBe(フィービー)

 

Amazon Audible

冒頭で紹介しているAmazonのオーディオブックAudibleですが、少し前まではダウンロードして聴く事が出来ませんでした。2018年8月よりダウンロードも出来るようになり使い勝手が良くなりました!

ここで紹介している「君の膵臓をたべたい」は有りませんが、「君の名は」が有ったりと聞ける書籍にも違いが有ります。

同じ書籍だと読手が違うのかな?と思っていくつか探してみたけど・・・意外と両方で読める書籍が見つからず。どちらのサービスも書籍量は多いので、とりあえず読みたい本がいくつか有る方を選ぶとかでも良さそうですね!

しかも今はキャンペーン中で、1冊無料!そして聞けば聞くほどポイント(MAX3,000ポイント)が貯まります2018/12/12までですよ!

おわりに。

オーディオブックに向いてる本、向いてない本も有ると思います。

例えば、誰が話したか、その発言が男性だったか女性だったか・・・それがわかっちゃうと成立しない叙述トリックの本はオーディオブック化は出来ないでしょうね。

 

それ以外では基本的に臨場感も増して隙間時間も有効利用出来てめちゃくちゃ便利なサービスですね!

そんな訳で、耳が空いている隙間時間の利用方法としてオーディオブックはオススメです!

 

それでは!

www.febe.jp