kuro6!発信します!

発信します!と言ったものの、まったりと色んな事を書いていくブログです。

クロスバイクで自転車沼に飛び込んだけど浮いてきた話。

f:id:kuro6kuro6:20170527114633j:plain

どうも!kuro6です。

 

今回は、今週のお題「私の沼」についてです。

色々あります沼の中でも、自転車沼についてのお話です。

沼とは・・・

アイドル、演劇、自転車、アニメ、カメラ……。なかなか抜け出せそうにない、ハマっていること(=沼)はありますか?

  ※今週のお題より引用

単純にハマってる事であれば色々有ります。ですが、沼にハマるという表現を用いる場合、私の勝手なイメージですが、「お金をいくら注ぎ込んで構わないぐらいハマる」というのが沼にハマるというイメージになっています。

 

そういう意味で、私は沼にハマった事は無いです。

 

カメラについては過去の記事で何度か触れた事有ります。

(ミラーレス一眼の次の機種として、一眼ではなく、コンデジを購入した事からカメラ沼にはハマっていない事が感じて頂けるかと思います。)

 

今回は自転車について触れてみたいと思います。

自転車沼

一応ですが、私はそこそこ自転車に乗っていました。具体的には片道20kmの自転車通勤を約一年半続けました。

f:id:kuro6kuro6:20170527095006j:plain

タイヤがこんな風になるぐらい乗ってました。

(普通はもっと早く交換が必要です!メンテナンス超重要ですよ!)

 

片道20km、往復だと、40kmですね。これを「え?普通じゃん?自転車乗っていたと言える程多くなくね?」と思った方、自覚は無いかもしれませんが、自転車沼落ちしてますよ!片道100kmとかの輪行が当たり前だと感覚がずれるかもしれませんが、自転車乗らない人からみたら充分に驚かれる数値です。

 

 

自転車乗りから聞いた事と実際に乗ってみて違った事をお伝えします。

 

「自転車は痩せるよ。」

私が自転車に手を出した一番の理由がこれです。あの頃は少しでも痩せたくてダイエット目的で自転車に手をだしました。

痩せたか痩せないかで言うとその頃は痩せたと思います。自転車にほぼ乗っていない今と比べると2kgぐらい痩せていたと思います。でも、あの頃は今よりも食事制限も意識してたので、効果はその半分ぐらいだと思っています。

 

自転車で大きく痩せるのは普段あまり運動していない人、体重が標準体重以上の人です!

 

私は当時も、ボルダリングを趣味とし週3日以上登っています。そして痩せる程ではないにしろ太りすぎないように食事も意識しています。その為、元々体重は標準体重以下でした。

 

クライミングは痩せると有利になるので、少しでも痩せたいと思い自転車に手を出したわけです。2kgぐらいは痩せて効果はありましたが、苦労ほどの効果はないと思っています。

 

私のように標準体重以下で痩せようとするケースはあまり無いかもしれませんが・・・

ダイエットの為に自転車を始めようとしているそこのご婦人。貴女は標準体重より軽くありませんか?

 

「自転車は楽しい!」

自転車でふらっと出掛ける事をポタリングと言うそうです。私にとって自転車は移動手段の一つであり、目的になる事はありませんでした。

もちろん、自転車でしか見れない風景を見れたり、自転車じゃないと行きづらいとこに行けたりとメリットも感じました。でも・・・それは通勤でちょっと足を伸ばせば事足りる事で、休みの日にそれを目的にしようとは思えませんでした。

これは主に通勤目的で一人で乗ってたからかもしれません。友達や可愛い女の子とツーリングしたらまた違ったのかもしれません。

 

「どうせロードが欲しくなるよ」

自転車を買う前に自転車乗りに相談した時に言われました。クロスバイクに乗っても自転車の楽しさにハマり、もっと良い自転車、つまりロードバイクが欲しくなるよ!と。

そこも含めて検討しましたが、予算の都合で総額7万ぐらいのこちらのクロスバイクを購入しました。

f:id:kuro6kuro6:20170527095448j:plain

GIANT ESCAPE R3 だったはず・・・

当時結構調べて、購入し私にとってはこのクロスバイクで充分でした。上に書いたように自転車の楽しさもよくわかりませんでしたし、サイクリングロードを走っていてロードバイクに抜かれる事も多々ありますが、別にそこに憧れを持つ事はありませんでした。

 

もしかしたらロードに乗ったら、また世界が違ってハマるのかもしれませんが、ロードは初期投資がデカすぎるので、多分、その沼にハマる事はないと思います。

 

ちなみに今、次買うとしたら、角材を踏んでもパンクしなそうにタイヤが太いマウンテンバイクに行く気満々です。最近は通勤向きなモデルもあるようですので。

 

「パンクの修理は簡単だよ」

そんな訳で、通勤時に道路に落ちている角材を踏んでパンクしてしまった事があります。綺麗に二つの穴が空いていて、かの有名なリム打ちパンクというヤツです。原因も明確なので修理も簡単・・・なはずでした。

当時、SNSで相談したところ、自転車乗りはみんな「パンク修理は簡単だよ」とアドバイスをしてくれました。

そこで、ネットで調べて見た所、確かに「パンク簡単に修理できますよ」といった情報がいっぱいでした。

 

最近ですと、ブログ仲間のじゆにんさんがパンク修理について投稿しました。

www.freedomninjya.com

(パンク修理の方法が気になるかたこちらをご確認下さい)

 

当時もこういった情報を元に修理に必要な道具を購入し(全部で1000円行かなかったと思います。)挑戦したのですが・・・数時間かけても上手くできませんでした。

根をあげて自転車屋さんに持ち込むと・・・チューブどころかタイヤを破損させているので交換が必要という事・・・

自分でやれば30分数百円という甘い情報に踊らされ、半日の時間の浪費と5000円以上の出費をするハメとなりました。

私が不器用過ぎるせいだとは思いますが、みんながみんな器用ではありません。不器用な人がネットの情報だけで出来るほど、パンク修理は甘くない事は知っておいてください。

あと、コツがわかってないせいもあってか、かなり力の居る作業だったように記憶しています。(というか、間違った力の入れ方でタイヤ破損させた訳ですが。)おそらくですが、女性が一人で修理するのも大変なはずです。

 

初めてのパンク修理は、ちゃんと誰かに教えてもらう事を強くオススメします。

 

良くない点は他にも・・・

まずは何と言っても車道を走るリスクですね。一年半乗ってましたが、未だになれずに怖いです。右側逆走や無灯火で自転車に乗る人の車を恐れない勇気に感服です。

 

雨の日。基本的には雨の日予報だと避けるのですが、どうしても雨の中自転車に乗る事態も出てきます。私の愛用しているバックパックはレインカバー内蔵なので、荷物は守られているので、体は濡れて帰ります。

最初は防水性の高いウェアとかを携帯してその都度、着ていました。でも、かさばりますし、段々メンドくさくなって、例えスーツでもノーガードで濡れて帰ります。雨が降ったら濡れるものだと思えば気が楽です。こちらも傘さし運転をする勇気と技術に感服です。

 

通勤も満員電車から解放はされるのですが、電車よりも時間がかかるため、早く起きないと行けないし、帰りも遅くなりがちとなります。冬は乗ってれば暖まるのですが、夏は汗ダラダラで、トイレで着替えてから出社するのですが、席に着いても汗だくとなります。

 

あと・・・会社で自転車通勤禁止されている。

 

自転車の良い所!

もちろん、自転車は良いところもいっぱいあります。

特に都内の移動は自転車が凄い便利でした。

f:id:kuro6kuro6:20170527104624j:plain

目的地にもすぐつけますし、手軽な寄り道も簡単です。

今でも、地下鉄で数駅移動する時などは自転車だったらなぁと思います。

 

あと・・・これは伝えるのが非常に難しいのですが・・・

今まで各駅周辺単位だった頭の中の地図が繋がっていく面白さがありました。

f:id:kuro6kuro6:20170527105822j:plain

こんなイメージ・・・かな?

 

花見の季節は早く家を出て、桜の写真を撮るという早朝一人花見とかもしてました。

 

f:id:kuro6kuro6:20170527113822j:plain

f:id:kuro6kuro6:20170527113838j:plain

f:id:kuro6kuro6:20170527113850j:plain

なんとなく朝っぽさが伝わり写真をチョイスしてみましたがいかがでしょうか?

 

ちなみにこちらの公園は・・・

f:id:kuro6kuro6:20170527114142j:plain

散った桜と猫のコラボ。

f:id:kuro6kuro6:20170527114154j:plain

肩に桜の花びらが!

 

桜の名所も早朝は人が居ないので、ゆっくりお花見出来ますよ!

f:id:kuro6kuro6:20170527114224j:plain

花見の季節の終わり。

 

f:id:kuro6kuro6:20170527114045j:plain

こちらは遅刻しそうな中撮った銀座の桜。

 

 

また、都内で友人と会う際も終電を気にしなくていいのもメリットですね。

f:id:kuro6kuro6:20170527113732j:plain

(これは始発帰りの友人に付き合った結果の写真ですが・・・)

 

お酒を控えないと行けないのはお酒好きにはデメリットかもしれませんが、幸いにも私は飲まなくても平気なんで、全然気にならないです。

 

終わりに。

なんか自転車乗っている人をディスっている感じになってごめんなさい!

そんな意図は全然ありません!

私は今ハマってるボルダリングに対し「ボルダリング最高!」と思っていますけど、そうじゃない人がほとんど。と似たような事と思ってもらえると嬉しいです。

自転車の記事って「自転車最高!」って感じの記事が多いと思うんですけど、ハマらなかった私からすると、万人受けする趣味とは思えないというのが私の感想です。

 

購入を考えている人は、自転車にハマらない人もいるという事を頭の片隅に置いて検討していただければと思います。

 

それでは!