kuro6!発信します!

発信します!と言ったものの、まったりと色んな事を書いていくブログです。

【GEX AQUA 360R】円筒型水槽を使ってみてのオススメ度は・・・という感想レビューです。

f:id:kuro6kuro6:20171030222236j:plain

どうも!kuro6です。

私が使用している水槽「GEX AQUA 360R」は円筒型水槽という見た目のかなり特徴のある水槽です。

今回は約1年半使用してきた感想をお伝えしようと思います。

 

 

私のアクア歴

今の水槽の前に少しアクア歴があります。

元々は瓶入りの2匹のアカヒレを手に入れたところからでした。初めての熱帯魚という事で可愛がって色々調べたところ、瓶飼いは「生きていけるけど魚にはいい環境ではない」という事でした・・・

なので、水槽買って・・・魚を増やして・・・エビを入れたら行方不明になって・・・

水草豊富にしたら貝が大繁殖して・・・アベニーパファー入れたら貝が消滅して・・・

アベニーパファー可愛い。あれ?他の魚のヒレがかじられてる?犯人はアベニー?

と色々試行錯誤しながら半年ほど水槽を作っていたのですが、少々遠くに引っ越すことになり、友人に水槽を丸ごとを託して引っ越しました。

引っ越した後も、また魚飼いたいなぁと思っていて一年半前にAQUA360Rでまた熱帯魚を飼いだしたのです。

現在飼っている魚達については以前記事にした事も有るので良かったら読んでみてください。

その時にも少し水槽に触れてはいるのですが、今回は水槽についてもう少し深く触れてみたいと思います。

 

ちなみに以前所持してた水槽は一般的な長方形の水槽(たしか30リットルぐらい)です。

 

AQUA 360Rについて

スペックは以下の通りです。(GEX公式サイト商品ページより引用)

360度、どの角度からも楽しめるデザインの水槽。ろ過フィルターとLEDライトが一体化になっており、水槽内を綺麗に演出します。昼はホワイトLEDで明るく水槽内を照らし、夜はブルーLEDでナイトアクアリウムを楽しめます。フィルターの交換はスリムフィルター用交換ろ過材を使用。

水槽サイズ 約幅25.6×奥行26×高さ28cm
容量 約10L
セット内容 樹脂水槽(LEDライト、フィルター付)、クリアカバー、ろ過材
砂量目安 約1〜2kg
セット時の重量 約11kg以上
交換ろ過材 スリムマット各種
流量 2.2/2.7L/分
1日当たり電気代 約2.5円(50Hz)、2.1円(60Hz)
個装サイズ/重量 幅28.5×奥行28.5×高さ31cm/2,050g

特徴はなんといっても円筒型で360度どこからも見えるというデザインですね。そして、ろ過フィルターとライトも一体化しているオールインワンの水槽でもあります。 

実際に使ってみて

モーター音も静かです。全くしないわけはないのですが、モーター音よりも水の流れる音の方が大きいのでほとんど気になりません。

オールインワン水槽

最低限必要なものは揃っているので、水を入れて魚が住める水になれば魚が飼えます。(砂や水草があった方がいいです。)

ろ過された水が上から流れ落ちるので、一般的な飼い方であれば水草だけでエアレーションは不要です。

 

ろ過材

GEXのスリムマットシリーズが使えます。

いくつか試してみましたがあまり違いはよくわかりませんでした。

 

ろ過材は上部を開いて簡単に交換する事が出来ます。

f:id:kuro6kuro6:20171030222501j:plain
f:id:kuro6kuro6:20171030222510j:plain



ろ過材は2つ入れる事が出来ます。

f:id:kuro6kuro6:20171030222618j:plain

※汚くて申し訳ないです。一応クリックすると画像は大きく表示されます。

2つのろ過材を使う事で交換時期をずらす事が出来ます。もし一個だけだと交換直後は新品ろ過材のみとなりバクテリア安定まで気が抜けなくなりますので、2つ入るのは嬉しいです。

 

オススメポイント

おしゃれな見た目!

f:id:kuro6kuro6:20171030222738j:plain

適当に水草を入れて照明を着けただけでこの見た目です。多分こだわる人が上手くやれば、かなり見栄えの良い水槽になります。

 

2種類の照明

ホワイトとブルーと2種類の照明で雰囲気を変える事も出来ます。

f:id:kuro6kuro6:20171030222835j:plain
f:id:kuro6kuro6:20171030222849j:plain

 

別のアングルから・・・

f:id:kuro6kuro6:20171030222912j:plain
f:id:kuro6kuro6:20171030222928j:plain

 

 

オススメしないポイント

歪んで見辛い

f:id:kuro6kuro6:20171030223111j:plain

全面が湾曲している為、肉眼だと見辛くなります。

 

写真が撮りにくい。

f:id:kuro6kuro6:20171030223204j:plain

肉眼同様に全面が湾曲している為、撮りにくいです。更にどうしても色んなものが写り込んでしまいます。

f:id:kuro6kuro6:20171030223219j:plain
f:id:kuro6kuro6:20171030223239j:plain


かなり歪んで写り込んでいるので大丈夫だと思いますが、CSI的な高性能解析をされると部屋が丸写りになりそう・・・

 

掃除がしにくい

水槽掃除グッズは色々販売していますが、基本的に平面用なので、使えないのが多いです。また、アクリル製なので水槽掃除グッズによっては傷付きます。

私は掃除ペーパーで手で掃除しています。

捕まえにくい

f:id:kuro6kuro6:20171030223347j:plain

先日、引っ越しをしたので魚達を水槽からバケツに一旦移動したのですが、魚を網ですくうのが大変でした。平面水槽であれば壁に追い込めば網に追い込むのは簡単なんですが、湾曲していると隙間がありますのでうまく逃げられてしまいます。

上の写真に写っているクーリローチというドジョウを捕まえるのが本当に大変でした・・・

 

LEDブルー

f:id:kuro6kuro6:20171030223529j:plain

照明はホワイトとブルーの2色あります。ホワイトはいいんですが、ブルーが非常に微妙です。

写真だと結構光が強く見えますが肉眼だとかなり弱い光です。(多分カメラの補正が入っています。)肉眼だと魚が見にくいんですよね。

 

雰囲気出しでこれぐらいがちょうど良いって人もいるとは思いますが・・・私はブルーを点けたのは最初だけでほとんど使っていません。

 

無駄に場所を取る。

直径が約26cmですので、単純に縦横26cmの幅が必要となります。(高さ28cm)なのに10リットルしか入りません。25x25x25の水槽で12.5リットル入るので小さい割に場所を取る水槽なんです。

※水槽は水が多い方がメンテナンス性が良いです。

 

キスゴム(吸盤)が使えない

水槽内側に色んなものを取り付ける事の出来るキスゴムが全く使えません。これにより一番痛いのがヒーターです。ヒーターが必要な魚は飼えない。もしくは水中のヒーター無しで温度が下がらないように注意するがあります。

 

360度全面からは見れない。

実際にはろ過フィルター部分があるので、裏側から見ても白いろ過フィルターしか見えないです。

f:id:kuro6kuro6:20171030223746j:plain

 この写真の右側から見ると見えるのは白いフィルターがほとんどとなります。 

 

総合的に・・・

まとめると・・・

  • おしゃれな見た目!
  • 歪んで見辛い
  • 写真が撮りにくい
  • 掃除がしにくい
  • 捕まえにくい
  • LEDブルー
  • 無駄に場所を取る
  • キスゴムが使えない
  • 360度全面からは見えない

という訳であまりオススメしません。

見た目がおしゃれ、オールインワンという事で一見初心者向けの水槽のように見えますが、実際にはメンテナンス性の悪さなどから初心者向けとは言えません。

オールインワンというと聞こえは良いのですが、どれか壊れたら替えにくいですしね。必要なモノの水槽セットは他にも色々販売されています。

特に水槽を買うのが初めてという人はやめた方が良いです。(湾曲も有りますが、そもそも水量が少ない水槽は初心者向けじゃないです。)

置き場的にこのサイズぐらいがちょうど良いというなら・・・

 

こちらの1辺30cmの水槽なら20リットル以上入るのでオススメですよ!

 

終わりに。

f:id:kuro6kuro6:20171030223907j:plain

ロボット兵が衛星ビームで撃ち抜かれた瞬間。



AQUA 360Rは水槽立ち上げ経験のある人が短所を理解した上で、インテリアとして上手く使える人向けの水槽だと思います。

そんな訳でおしゃれセンスの無い私は次、水槽買うなら間違いなく四角い水槽買います!

 

それでは!