kuro6!発信します!

発信します!と言ったものの、まったりと色んな事を書いていくブログです。

スポンサーLink

カメラ女子デビュー時にオススメなアクセサリー12選!初心者も道具は大事ですよ!

ミラーレス一眼 初心者 オススメ アクセサリー カメラ 一眼レフ アイテム

スマホのカメラ性能はどんどん向上していますが、まだまだ一眼には勝てません。本格的一眼レフカメラはなかなか敷居が高かったのですが、10年ほど前に値段もサイズもお手頃なミラーレス一眼が登場して一気に敷居が下がったと思います。

ほとんどのミラーレス一眼は必要最低限なモノが入っているので、充電してSDカードを挿せば利用出来ますが、せっかくなので色んなアクセサリーを揃えた方がいいと思います。今回はカメラ初心者にオススメするカメラアクセサリーをご紹介します!

 

記事作成経緯

先日、彼女がミラーレス一眼を買ったんですよ!初めてのカメラという事で、必要なアクセサリーを勧めたのですが、勧めなかったら何を買って良いかわからなかった状態。やっぱり初めてだとそうですよねぇ。同じように悩んでいる人向けにまとめてみよう!といった経緯で記事を作成しました!

ちなみに購入したカメラはOLYMPUSのE-PL8という機種です。

ですので、当記事ではE-PL8用のアクセサリーをご紹介していますが、大手メーカーのカメラで有れば、そのカメラに対応しているアクセサリーが有りますので、探してみて下さい。

一緒に買うべきアクセサリー

まずはカメラ購入時に一緒に買うべきなアクセサリーをご紹介します。

1.マイクロSDカード

カメラを買う時にこれを買い忘れると大変です!もちろん、既に持っている場合は持っているものを使っても大丈夫です。SDカードは旅先などで容量が一杯になった時用にスペアが有ると良いと思います。

また、ほとんどのカメラのスロット自体は通常のSDカードスロットが多いと思いますが、カメラ以外で使う可能性も考えて汎用性の高いマイクロサイズがオススメです。

2.液晶画面保護シート

これが無いと液晶に傷が入ってしまいます。特に最近のミラーレス一眼はタッチパネルの液晶で有る事がほとんどですので、万が一に備えて保護はした方が良いです。

3.ショルダーストラップ

ストラップはシンプルなモノが同梱されているはずです。せっかくなので自分のお気に入り柄のストラップが有るとテンションが上がります!ストラップは特にメーカーで規格は無いので、購入したカメラメーカーと関係ないメーカーのストラップでも問題ありません。

4.三脚

三脚はタイマー撮影だけでなく、夜景撮影や定点撮影など意外と使うシチュエーションが多いアイテムです。機種によっては夜景などの撮影は三脚が無いとブレが酷いモノになってしまいますので、必須だったりします。先日購入した「E-PL8」は夜景撮影モードが高性能で三脚いらずでした。

5.クネクネ三脚

小さいサイズの商品が多いので持ち運びが楽です。また、通常の三脚ではうまく固定出来ない場所などに設置可能だったりします。

6.ブロワー

紹介しているのは掃除セットですが、絶対に押さえておきたいのは「ブロワー」です。このブロワーは握ると空気が出てホコリなどを吹き飛ばす事が出来ます。

使い方なんですが、レンズが交換出来る一眼はどうしてもレンズと本体の間にホコリが入ってしまう時が有ります。ホコリが入った状態で写真を撮ると当然、そのホコリが変な汚れみたいな感じで写真に写ってしまうんです。早く除去しなければなんですが、ブロワーが無いと入ったホコリを取り除くのが非常に難しいです。でも、ブロワーが有ればグニュって握って吹き飛ばしちゃえばOKなんです!

実はダイソーなどの100円ショップでも売っているので、まずはそれから購入するのも手です!

 

出来れば欲しいアクセサリー

ここからは有った方がいいよーというアクセサリー達です。

7.レンズカバー

レンズカバーはレンズを守るためにも必須です。同梱されている場合も有るので不要なカメラも有ります。撮るときに取り外しているといつか失くす事になりますので、自動開閉したり紐がついてるカバーがオススメです。

8.レンズフィルター

レンズカバーとは別にレンズに取り付ける保護フィルターが有ります。レンズの汚れだけで無く割れるような衝撃が有った場合、レンズを守って割れてくれたりもするので有った方が良いです。

9.交換用バッテリー

旅先で充電切れした時など用に交換出来るバッテリーが有ると安心です。純正品は高いので、互換バッテリーが安くてオススメです。

※当然メーカー非公式商品になりますので、使用は自己責任でお願いします。

10.カメラケース

本体そのままで鞄にぶっこんでいるとどんどんと傷が付いてきます。傷だけならまだしも、何かの衝撃などで壊れたり、効かないボタンが出てくると最悪です。やはり何かに入れるのが良いですね。

11.カメラバック

カメラバックなら多少かさばりますが、レンズや交換用バッテリーなどを一緒に入れて持ち運べます。

12.ガイドブック

どのカメラにもこんな感じでガイドブックが発売されていますので、有ると便利です。

 

おわりに。

上記以外にも、フラッシュやファインダーなどや、交換レンズとアクセサリーは様々です。それに撮りたいものによって必要なモノも変わってきますが、まずはこれからと言うものをご紹介させて頂きました。

カメラはこだわり過ぎるとキリがなかったりもします。それに道具だけじゃ無くて、技術を磨くのも大事と言う事を忘れないようにしましょう!

それでは!